退職、引き継ぎ

退職、引き継ぎ

退職する場合、相手にできるだけ迷惑を掛けないようスムーズに行うことが大切です。
退職の意思を伝えるべき時期は、法律では退職する予定日の14日前までには意志を告げなければならないと決められています。

 

ではここで退職までの流れを大まかにお話していきましょう。
退職予定日の1〜2ヶ月程前に規則の確認や家族に話すなど、いつ退職を告げるかタイミングをはかります。
先ほど法律では14日前ほどと記しましたが、世間では1ヶ月前には退職の意思を伝えるのが一般的です。
ですからこの時期には退職日やいつ退職届を出すのかなど、計画を立てていきます。しかし、病院によって何ヶ月前には退職の意思を伝えなければいけないと、規則として決まっている場合もありますので事前に確認しておきましょう。

 

退職の意思は、相談としてまず直属の上司に話します。
その後は病院によって変わってきますが、看護師長に話し、事務長面談で詳しく退職するための手続きを聞くという流れが多いです。
詳しい退職までの日程は病院側と相談しながら決めていきます。少なくとも1ヶ月以上先の退職にはなると思います。引継ぎや手順などは規則に従っていきましょう。退職日が決まったら退職届を上司に渡します。
この時、上司がなるべく忙しくない時間に手渡しすると良いです。引継ぎに関してはしっかり行い、自分だけの仕事があった場合はマニュアルを作って渡しておくと後任の方が助かると思います。
こうした人に教えるという経験も後の自分のためにもなります。退職の前日から身の回りの片付けを行い、退職という流れになります。


スムーズに退職をする為に

先ほどは退職までの流れを説明しました。
ここではできるだけ周りから反感を買わずに気持ちよく退職するためのポイントをご紹介していきます。場合によっては辞められるはずだったのに強い引き止めにあってしまい辞められるのか不安になってしまうこともあると思います。

 

転職の最後の難関は退職です。退職の意思をうまく伝えられずに辞められなくなったということが無いようにしっかり退職交渉は行っておきましょう。

 

まずは退職希望を伝える前に以前働いて退職された先輩に話を聞いてみましょう。自分の職場が辞めやすい環境なのかなど、退職するための対策がわかると思います。
また、大切なことは辞めるという強い気持ちを持つことです。「給料を上げるから」などといった言葉をかけられるかもしれません。しかし、それによって自分が本当にかかえている不満や悩みなどが解決されるのか即答せずによく考えてみてください。
また、嫌な言葉をかけられる場合もあると思いますがめげることなく辞めると決めたその時の気持ちを持ち続けてください。
もし、強い引き止めにあいそうだな、と思ったならどうしても辞めなければいけない理由を考えておきましょう。
少し退職理由をおおげさにしても良いですし、さらに詳しい説明で説得しても良いです。もし退職時期を遅らせることは可能か聞かれたらよっぽどこの日でないとダメということが無い限りは病院の提示した日に辞める方が円満に退職できます。
もし無理な場合は何日までなら大丈夫か伝えると良いでしょう。