面接が上手くいくためのコツ

面接のコツ

面接は書類選考以上に緊張するものです。
ここでは面接の成功率を上げるコツをお話します。
面接ではハキハキと聞かれたことを答えることができ、自分の考えをしっかり話すことができる人が好まれるようです。ですから面接官に何を聞かれても的確に元気よく話せることが面接成功の第一歩でもあります。
しかし、いくらはっきり答えることができたとしても内容が伴わなければ採用は難しくなります。
次に必要になるのはやはり話す内容です。ではまずは面接ではどのような内容をきかれるのかと言いますと、
主に自己PRや性格について、この病院に応募した理由、今までどのような仕事をしてきたのか、転職をしようと思った理由などになります。
この中でいかに自己アピールできるかがポイントになってきます。

 

ではどのように自分の魅力を伝えればよいのでしょうか。大まかにわけると説得力・あらかじめ病院について調べてきた予備知識・相手の目をちゃんと見てハキハキと話すこと・聞かれた時にはまず結論から話してから理由を話すことです。
さらに自分にはどのような目標があって、その目標が病院の方針と一致しており、この病院のことをよく調べていると思ってもらえれば、あなたがいかにこの病院で働きたいかが相手にも伝わると思います。
反対に前の病院のことを悪く言うことはあなたの印象を悪くしてしまいますので避けた方が良いです。
最後に、難しいですが自信を持って強気で話すだけでは自信過剰な人だと思われてしまう場合もあります。自分の看護師歴に合った姿勢で面接にのぞむようにしましょう。