職務経歴書

職務経歴書

職務経歴書は履歴書と違ってそこまで書く機会はありません。
病院で職務経歴書が必要になるところは一部なのです。ですから書き方がよくわからないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そもそも職務経歴書とはどのようなものなのかと言いますと、今まであなたが看護師としていつ、どこで、どのように働いてきたのかを説明する書類のことです。
今までの職歴が確認できれば良いので履歴書にある職歴の欄の内容を少し詳しく書いたものと思っていただいて構いません。
職務経歴書も履歴書同様、手書きの方が好まれる場合が多いようです。
あなたがいつからいつまで、どこでどのような仕事をしていたか、なぜ退職したのかを1セットにして過去から順を追って書いていきます。
業務内容は、あまり関係ないかもと思うものでも書いておきましょう。
意外なところで評価されることがあるからです。さらにリーダーや教育を任された経験、大きな仕事を任された経験がある場合は必ず書いておきましょう。
夜勤で働かれたことのある方は夜勤の横に2交代または3交代勤務とも書いておきます。
パッと見た感じで内容が伝わるものになれば経歴は完成です。
それから経歴の下に自己PRを書きます。自分はどのような人間であるか、職場に就いたら何ができるのかを相手に伝えましょう。でも、自己PRなんてどう書けばわからないという場合はあなたが、なぜ看護師を目指し、どのような看護師になりたいと思い、今までの経験から現在はどのような看護師を目指しているのかを書くと良いです。