看護師求人情報の味方 その2

求人情報の味方

求人情報の見方の続きですが休日についてお話します。
1年間の休日の数もですが育児休暇や産休などもちゃんと確認しておきましょう。

 

その場合、産休などを取った時にフォローがあるかどうかの目安として有給消化率を確認しておきましょう。
ここで求人情報に載っている休日についての詳しい意味について説明します。
「週休2日」は一ヶ月間で1回以上週2日の休みがあってそれ以外の週は1日休み、
「完全週休2日」は毎週2日の休みがあります。「4週6休・4週8休」は4週間で6日もしくは8日の休みがとれます。
場合によっては祝日も休みのところもあります。看護師ならではの条件としてどのような交代制であるかも確認しておきたい事項です。
夜勤はどの程度あるのか、夜勤は2交代か3交代制なのか、何時から何時までなのかも含まれます。
2交代制の場合は日勤が8時間・夜勤16時間であることが多いですが日勤も夜勤も12時間のところもあります。
3交代制は日勤・準夜勤・夜勤に分かれます。その場合、1日に2回働かなければいけない場合が多いです。
人員配置も重要な項目になります。患者さん1人に対して7対1体制の配置をしている場合が、一番離職率が低いと言われています。しかし7対1体制がとれていないところは数多くあります。
もしそのような体制がとれていないところでも看護補助などちゃんと対策がとれているかも確認しておきましょう。
もし今までと違う診療科目へ転職される方は研修制度をちゃんと設けているかも大切な確認項目になります。
病院によっては資格を取得するための支援を行っているところもあります。