看護師として経験や資格を持とう

 

看護師資格

資格を取るにあたって大切なことは決して取得することだけではありません。

 

資格を取るために勉強し、取得した後どのように使うか、です。多くの資格は取得するために試験に合格しなければいけません。また、講習会や実習などが必要な資格もあります。

 

このようにして知識と技術が身に付いていきます。勉強していくことで自分のスキルアップにもつながり、職場で役立つのです。資格は転職の時にも役立ちます。
看護師としての経験は年数でわかりますが、自分がどの分野の知識や技術に優れているのかはそれだけでは分かりません。
資格はそれを客観的に示してくれますので転職に有利に働くのです。しかし、まずはどの資格を取るかしっかり吟味しなければいけません。
せっかく資格を取っても役に立たなければ何の意味も無いのですから。資格を取ろうと思った理由は何ですか?仕事に役立つ資格だと思ったから、この先役に立ちそうだからという理由の方が多いのではないでしょうか。
もちろん仕事に役に役立つ資格であることは大切ですが、それ以前にこの資格はどのようなもので、どのような知識や技術を得ることができるのか、今の仕事とどう関係があるのかを調べた上で資格取得を目指しましょう。
なんとなくの理由で関係ない資格を取得しても仕事の役には立ちません。どの資格を取るのか決めれば今度は資格を取るための計画を立てていきましょう。
しかし資格を取得できてもすぐに昇進できるわけではありません。資格はあくまで手段として、仕事に役立て、それが結果として昇進になるのです。